1.セグメントの清掃・ケレン

セグメント表面の油脂・錆をワイヤーブラシやコンプレッサー等で清掃する。

2.防錆プライマー(富士川の樹脂モル)塗布

混練りした材料を均一にリシンガン又は刷毛等で吹付及び、塗布する。

3.無収縮モルタル(LCCモルタル T-150)吹付充填①

セグメントの主桁高さ分を複数回に分割して吹付充填する。

4.目地板取付

標準1.0リング毎に、高さ出し用(塗厚確認、湯初目地を目的に)目地板を円周方向に取り付ける。

5.無収縮モルタル(LCCモルタル T-150)吹付充填②

内径部覆工の下塗りとして適当な回数に分割し吹付充填して、コテで平滑に均す。

6.ポリマーセメントモルタル(LCCモルタル TD-180PN)下塗り

金ゴテで下地に擦りつけるようにして均一に塗り付ける。

7.表層クラック防止材設置(アリス・グラスファイバーネット)

鋼材に拘束されていないモルタル材の表層クラック防止を目的に、耐アルカリガラス性ガラス繊維(アリス・グラスファイバーネット)を下塗り材が硬化する前に金コテ等で圧着させる。

8.ポリマーセメントモルタル(LCCモルタル TD-180PN)上塗り

耐アルカリ性ガラス繊維の収まりを確認後、仕上げ層(t=2~3mm程度)を金ゴテで平滑に仕上げる。

9.塗膜防水材専用プライマー(EM混和液)塗布

上記の上塗り養生乾燥後、ローラー・刷毛等で均一に塗布する。

10.塗膜防水材(エポミックス7000)塗布

EM混和液塗布後、1時間以上養生時間をおいてから、金コテ等で均一に塗布する。

11.弾性エポキシ樹脂目地材(PM700LMG)充填

既設の目地材を防水材塗布後撤去し、コーキングガンにて目地材を充填しヘラで均し、均一に仕上げる。